FC2ブログ

ラーメン伝説第4部 4-4-6

バグベーイは、山形復讐兵団の一味と激しい肉弾戦を演じていた。
しかし、肉弾戦を演じると見せかけ、隠し持っていた拳銃で敵を射撃する。
「ウワアー!!」
「そこだ」
ビートは、手にした棍棒で一味の中に殴りかかった。
激しい戦いだ。
ファブールは、余ったケチャップが入った缶を投げつける。
床にばらまかれたケチャップが、一味の足を滑らせる。
スポンサーサイト

ラーメン伝説第4部 4-4-5

食用なのか・・・??
「!!」
肉が命中した、ドイルの部下が苦しみ出す。
「苦しい!!毒だ!!」
肉は、毒だった。
「毒肉に注意だ!」
ドイルが指示を出す。
その頃から、あたりに何か動物のほえるような声がする。
「オクトパスなのか!?」
思わず、ファブールがつぶやいた。

ラーメン伝説第4部 4-4-4

「!!」
パンは、実は爆弾であり、激しい爆風が辺りに吹き荒れた。
「気をつけろ」
ビートらはライに攻撃を集中する。
生メンチェーンを槍で防ぎ、縦横無尽の活躍を見せる。
敵はそれだけでは無い。
悪のラーメン屋・・・キンター・コラは、両手に持った、紫色なヒヒの
肉を投げつける。

ラーメン伝説第4部 4-4-3

「我はトットー・ライ」
あんパンをくし刺しにした槍をかざした男が、ビートに名乗りを上げる。
鍛えられた肉体が、大量のよだれをたらしながら跳躍する。
美しいようにも見え、そうでないようにも見えた。
「おうりゃ」
体中にくくりつけたパンを投擲する

ラーメン伝説第4部 4-4-2

「俺たちも続け!」

ガルピンの背後から、あんパン男と、ラーメン屋らしい男が
凄い勢いで突撃を始める。
「我々が相手だ」
ビートらが迎え撃つ。